サイトメニュー

自律神経が関係

看護師

運動でも変わる

人間の脳にある視床下部は自律神経に影響を及ぼすコントロールセンターとなっていますが、生活リズムの乱れや精神的ストレス、ホルモンバランスなどの影響を受けやすいことがあります。日常の刺激が自律神経に伝わり、交感神経や副交感神経の切り替えがスムーズにいかなくなるので、自律神経失調症やうつ病などになってしまうかもしれません。幸せを感じない病気にも自律神経が関わっていますので、これらを正常に戻すことが病気の克服になり慢性化させない方法をとることです。気をつけたいのは、まず生活リズムが乱れている人はライフサイクルを整えることを優先することになり、朝は決まった時間に起床して朝ご飯を食べることをやります。生活リズムが乱れる人は、お昼くらいに起床して朝と昼が一緒の食事となってしまう人も多く、学校へ行く働くという意欲が奪われている状態です。そして幸せを感じない病気には精神的ストレスが強い人は、それを解消できる行動をとることになり、人それぞれ違いがあるものの一番いい方法には運動をすることが勧められます。

自律神経が影響している幸せを感じない病気には、自発的に体を動かす適度な運動をすることも効果があります。運動は激しいトレーニングではなく、軽いウォーキングなどの有酸素運動が効果があり、血流が巡ることで体温が上がってネガティブ感情を打ち消すこともできます。運動が苦手だという人でも簡単にやりやすいウォーキングは気分転換にもなりますし、足腰の筋力低下を防ぐことができるので一石二鳥の効果があります。また自宅から出ることが精神的ストレスになる人のケースでは、自宅でできるスクワット運動や腹筋運動でも筋力を向上させることができるのでいいわけです。幸せを感じない病気には、幸せを感じようとするのではなく身体機能を正常に戻すように、体を使うことで改善することができます。専門クリニックへいくとリハビリプログラムで運動メニューを提示してくれるところもありますので、一度カウンセリングを受けてみるのも一つの方法です。自律神経が不安定になっていることから、何をやるにしても気分が乗らないことがあることから、家族の人がタイミングを計って連れていくこともキーポイントです。

Copyright© 2020 自律神経の乱れはホルモンバランスからきます All Rights Reserved.