サイトメニュー

原因を突き止める

女性

心の異変に気付こう

何をしても幸せを感じない人もいます。それを病気だと感じていない人も多いです。幸せを感じない病気もあるので、何か原因に心当たりがある場合にはその原因に対してどんな措置を取るべきなのか、考えてみるとよいでしょう。自分の原因があるのではなく、他の人の害によって、幸せを感じない病気に罹患をしてしまうこともあります。幼いころから虐待を受けている人などに多いと言われています。心に傷を負ってしまうと一生残る傷となってしまいます。虐待や暴言によって受けた心の傷は治すことができませんし、治らないと言われています。どう付き合っていくのか、ということが大切になってきます。精神的な疾患を専門に扱っている医療機関であっても、心の傷を治すことはできません。原因となる人を排除するしかありませんが、それが難しい場合もあります。自分で自分を守るために、原因となる人から距離を取る、ということも必要となってきます。ただし自分独りで悩むと症状が悪化をすることがあるので、医療機関に相談をするとよいでしょう。

最近ではハラスメントを受けたことによって幸せを感じない病気を発症する人が増えてきています。残念なことにハラスメントの加害者は自分のせいで他人が幸せを感じない病気、精神的な病に罹患をした、という自覚がありません。本来であればハラスメントの加害者は処罰されなければいけませんが、企業の中で起こっている場合には企業側が加害者を守ることがあり、被害者の気持ちを全く考慮しないというところもあります。形式だけのハラスメント対策をしているだけであって、根本的な解決は行わないというポリシーを持っている企業もあります。幸せを感じない病気などの精神疾患に対する理解はまだまだ低いと言われています。ハラスメントがどんな影響を与えるのか、キチンと学習をするべきでしょう。心療内科医なども協力をした上で講習を行う対策も必要となってきます。被害者は自分が悪いから幸せを感じない病気になったと考えがちですが、全く違います。自分で立ち直りたいと考えているのであれば、専門の医療機関を受診して原因を排除するべきです。

Copyright© 2020 自律神経の乱れはホルモンバランスからきます All Rights Reserved.